男の精力剤のタイプごとの特徴

精力剤は、性機能の改善を目的としたアイテムの総称で、医薬品タイプとサプリメントタイプがあります。近年は女性を対象としたものも増加していますが、基本的には中年以降の男性を対象として提供されています。

なお、男の精力剤は、かってはImpotenzと呼ばれていたED(勃起不全)の解消を重視しているということを特徴としています。特に、1,990年代の後半に登場したバイアグラの流れをくむ治療薬は、服用後30分程度で効き目を体感できるという優れものです。この効果は、有効成分が体外に排出するまで続くので、複数回プレイすることも充分に可能です。

一方、サプリメントタイプのペニス増大サプリは、かってはオットセイやマムシ、すっぽんといった動物由来のものが主流だったのですが、現在ではマカやKurachaidamuなど植物由来の商品が人気を集めています。これは、男性ホルモンのテストステロンの材料となるアルギニンなど豊富な栄養素を含有していることが判明したからです。

これに対して、オットセイやマムシなどの動物由来の原料は、末梢血管を拡張するCallo Peptideなどの有効成分を含有してはいますが、精力剤として人気を集めている根拠は自然界でハーレムを作っているなどのイメージによるものです。このために、実用性ということを重視している場合は、マカなどの天然ハーブ系の商品を選択する人の割合が多くなっています。

このように、男の精力剤には様々な種類があり、それぞれに特徴には違いがあります。このために、自分の希望や状況に合わせて選択するのが適当で、単に人気があるからといって選んだ場合は失敗する危険が高くなります。特に、バイアグラなどの医薬品タイプの商品は、血圧を下げるような医薬品との併用は禁忌で、心臓や肝臓に疾患を抱えている人は服用を禁止されているなどの注意しなくてはならないルールがあるので、安易に購入して服用するのはトラブルを引き起こす危険が高くなってしまいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です