精力剤の効き目をフルに発揮させるコツとは

精力剤を飲んでいるのにまったく変化がないという方は、飲み方が間違っているのかもしれません。精力剤は正しい飲み方を継続することで効き目を期待できるのです。例えば1日の目安量が3粒なら、3粒ずつ毎日飲むようにしてください。飲み忘れが癖になると、ずっと忘れてしまう可能性があるので注意しましょう。忘れないためには食後に飲むというように習慣づけておくことがポイントです。最初は飲み忘れが多くても、毎日続けていれば忘れないようになります。

正しい飲み方を継続しているのに効き目を感じられない場合は、生活に問題があるのかもしれません。極端に不規則な生活が続いていれば、精力剤を飲んでも実感するまでに時間がかかります。ほとんどの精力剤はサプリメントなので、短期間で実感はできません。コツコツと継続をすることに意味があるので、最初から1年間は服用するなどと長期計画を立てておくのがよいでしょう。そうすれば挫折するリスクは低いですし、1年間も飲めば変化は感じられるはずです。

効き目を高めるコツとしては、ぬるま湯で飲む方法があります。お腹を冷やしてしまうと吸収率が低下するので、本来の効き目を発揮できなくなる可能性があるのです。どのような栄養素にも言えることですが、吸収されないとまったく意味がありません。吸収性を高めるためには身体を冷やさないことが大切なので、冷水で服用するのは避けたほうがよいわけです。ただし、お茶やコーヒーなども吸収性を阻害する可能性があるので避ける必要があるでしょう。

短期集中で結果を出したい人には、動物素材をベースとした精力剤をおすすめします。動物素材の特徴は効き目が高く、植物素材よりも短期間で元気にできることです。マムシやオットセイ、すっぽんなどは特に実感しやすく、射精感を高めたい人にもおすすめします。勃起力の減退が気になる男性は、動物性の精力剤を3ヶ月以上飲んでみましょう。体質を改善していくことで、何歳になっても元気な下半身を維持できるはずです。

精力剤で勃起が促進される理由

勃起をするためには複雑な経路を辿らなければなりません。

まず脳で性的な興奮を覚え、それが神経を通って男性器に伝える必要があります。

男性器に存在する海綿体にまで性的な興奮がたどり着くと、スポンジ状になった海綿体にたくさんの血液が送り込まれて勃起します。

性的な興奮がなくても神経に問題があっても勃起することはできません。

60代以上になると脳や神経の老化が原因でEDを引き起こすことがあります。

50代以下でもEDになる場合、脳や神経は元気なことが多いので、海綿体に血液が送られずに十分な硬さにならないと考えられます。

精力剤は血流を良くする成分が入っているので、勃起を促すことができます。

精力剤に良く配合されるアルギニンというアミノ酸は、性的な興奮を覚えたことが伝われば一酸化窒素に変化します。

一酸化窒素は血管を拡張する作用があり、勃起に欠かせません。

特に中年になると血管が細くなりやすいので、血管を拡張することでEDが改善する可能性が高いです。

ただしアルギニンはアルカリ性で一度に大量に摂取すると下痢などの副作用を引き起こしやすくなります。

医薬品よりも手軽に入手できる精力剤は副作用の心配がほとんどない安全なものが好まれるので、アルギニンの配合量は限られてきます。

そこで一緒に配合されるのがシトルリンです。

シトルリンは副作用がないのが特徴で、体内に入ってからおよそ30分でアルギニンになります。

そのアルギニンが一酸化窒素に変わるので、アルギニンの量が少なくてもシトルリンを摂取できれば勃起力を高めることができます。

精力剤を飲んでも性的な興奮を覚えなければ海綿体に大量の血液が送られることはないため、日常的に精力剤を服用しても勃起が止まらなくなることはありません。

医薬品は即効性があるものが多いですが、精力剤は持続して服用することが大切です。

一酸化窒素が増えれば全身の血行も良くなるため、若々しい体を取り戻したい人にも適しています。

精力剤に即効性は期待できないのか


精力剤は飲めばすぐに効くように思うかもしれませんが、基本的に即効性を期待するものではありません。

コツコツと毎日飲むことで体質を変えていくものであり、長期連用することが基本となっています。

長期とは3ヶ月以上であり、理想は6ヶ月~1年以上の服用となります。

特にサプリは体質改善を目的としており、特定の病気を治すものではありません。

これに対して医薬部外品や医薬品は、精力減退に一定の効果を発揮してくれます。

 

精力増強のために精力剤を活用する方は、即効性は期待しないようにしましょう。

過度の期待をしてしまうと、途中で飲むのをやめてしまう可能性があるからです。

すぐに挫折する要因にもなるので、実感するまで時間のかかるものだと認識してください。3ヶ月くらい飲めば、体質に何らかの変化が見られるはずなので、それまではコツコツと続けてください。

1ヶ月や2ヶ月ではまったく実感できなくても、3ヶ月目から変化を感じられるという方もいます。

 

精力剤はコツコツと飲むことに意味があるので、短期集中的な対策には適していません。

即効性を期待すると失敗しやすいので、毎日の日課として継続するのがコツです。

ビタミンやミネラルサプリは健康維持のために毎日服用するでしょう。

精力剤も本来そのように服用するのが正しく、それにより少しずつ精力が復活してきます。精力減退が気になる人は、生活改善から始めていく必要があるのです。

不規則な生活は精力を減退させるので、自覚できる部分から改善していきましょう。

 

即効性を期待したいという理由で、飲みすぎるのはよくありません。

精力剤はED治療薬のような副作用はありませんが、目安量は守るのがよいでしょう。

基本的に健康食品に副作用はありませんが、過剰に摂取した場合は例外ではありません。

少しくらいなら多めに摂取しても問題ありませんが、過剰に摂ると副作用に近い症状が出てしまう可能性があります。

目安量を毎日続けることが精力減退を解消するコツなのです。

精力剤の効果はどのようなものか

精力剤は、薬局に行くとたくさん売られています。

またバイアグラなど海外から輸入された商品も日本に出回っているため、精力剤を手に入れることは決して難しくありません。

ですが、高いお金をかけて購入する以上、その効果が気になるところです。

精力剤には大きく分けて2種類あります。

・一つは、薬局やドラッグストアなどで売られている医薬品外の商品です。

・もう一つは、医者からもらうことができる医薬品です。

 

 

医薬品外の商品は、特に免許を持っていない人でも売却することができるため、薬事に対して素人のコンビニの店員のレジ係でも販売することが可能になります。

ただ、医薬品ではありませんので、薬品に比べると効果はやや劣ります。

 

一方で、第一類医薬品に分類されている精力剤は、素人が勝手に販売することはできません。

 

例えばインターネットの通販で購入する場合でも、医薬品を手に入れることはできません。

仮にできるとすれば、違法な取引きになりますので注意をするべきでしょう。

正規のルートで手に入れる場合には、医者から処方してもらう場合や、薬剤師がいる薬局で手に入れるべきです。

医薬品外の商品として販売されている代表的なものはドリンクになります。

販売されているのはドラッグストアやコンビニエンスストアが中心ですが、中には駅の売店で販売されていることもあります。

いつでも簡単に手に入れることができ、どこでも手軽に飲むことができるのが魅力的です。

ただ、その日のうちに性行為を行うためコンビニエンスストアや薬局で購入した精力剤を飲んでも、即効性はありません。

もちろん、飲んだ時は舌に刺激が走るためすぐに効果がありそうですが、実際には薬品ではありませんので、即効性はなく継続的に飲むことが重要になります。

錠剤タイプも出回っていますが、ドリンクよりも効果は期待できますが、医薬品に比べると即効性は劣ることが多いです。

一方で薬品は、市販品で販売されているよりも効果が高く、即効性を期待することができます。それゆえに、素人が販売すると危険なのも事実です。